「損する結婚・儲かる離婚」という本は、正直、女性に読んでほしくない

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20170927195755j:plain

✳︎最終更新 9月27日

婚姻届に判を押すのは、借金の連帯保証人になるより恐ろしい。

 

から始まるこの本だが、あくまでも愛という感情を抜きにして金融商品として例えて説明されている。これから結婚を考えている方にはもってこいの本であり、世の中で浮気ブームが始まっているさなか、離婚したらこんなにも恐ろしいことが待ち受けているということは、ほとんどの方が知らないであろう。

 

 

 損する結婚・儲かる離婚

正直、僕は20代前半でこの本に出会えて本当に良かったと思ってる。

漠然と将来は結婚しようと思っていたが、結婚・離婚についての法律を知っておくだけでも全然違ってくる。

 

知っていて結婚するのと知らないで結婚するのとでは全然違うのは明らかだろう。

ほんと、知恵が無い人は搾取されていくんだなと感じた。

 

この本は金融商品に例えて説明されているのであなたのその結婚は損か得かについてフォーカスを当てて書かれている。

 結婚と離婚による「3つのお金」

著者によると、 「結婚と離婚で動く金は、慰謝料、財産分与、婚姻費用の3つである。子供がいればこれに養育費がかかってくる」

と書かれている。

 

いわゆる、結婚という商品は稼いでいる方が稼いでいない方に同等の生活をさせるためにある制度だということだ。

 

あくまでも法律上ではね。

 

それに子どもがいると少し複雑になる。

 

芸能人が離婚騒動になると慰謝料何千万!!と言うニュースをよく見るが、

それは、相手と離婚した後に同等の生活をさせるための婚姻費用を払わないといけないという法律があるため払っているだけだ。

 

そして結婚とは

結婚債券の価値=離婚成立までの婚姻費用の総額+離婚時の財産分与額+慰謝料

であると書かれている。

 

要は、結婚したんだから財産は半分でしょ!

みたいなことを言ってる人はよくいるが、実は結婚する前の自分が持っている財産は実は結婚しても自分のものなのだ。

 

パートナーと財産分与になる対象ではない。

 

だから離婚裁判が起こった時は、結婚してから稼ぎ出した金額だけがカウントされるので婚姻届を出す前日まで稼ぎだしたお金はカウントされない。

 

FacebookのCEOである、マーク・ザッカーバーグは2021年5月18日に株式を公開し、その直後の19日に、学生時代から交際していた中国系・アメリカ人のプリシラ・チャンと結婚した。

 

なぜ株式公開直後に結婚したのだろう?

5月18日の株は38.23ドルで取引を終え、時価総額は当時の為替レートで8兆2000億円くらいで、ザッカーバーグの持分は約2兆円だった。

 

もし株式公開前に結婚していたらどうだろう?

1兆円は中国系・アメリカ人のプリシラ・チャンの財産になっていただろう。

 

株式公開後に結婚したら?

プリシラ・チャンに分け与えられる株式は0円だ。

 

マーク・ザッカーバーグの結婚のタイミングから考えて

彼は非常に頭が良かったと言わざるおえない。

 

著者はこう言っている。

 

マーク・ザッカーバーグの背後のリーガルチームの優秀さが垣間見える。と。

 

だからこそ僕は、知恵を知らない奴は世の中の知恵がある奴から摂取されていくんだと強く改めて感じた。

 最後に

だからと言って僕は結婚を批判したり、賞賛するつもりもない。

 

結婚したいと思う人はすればいいと思うし、結婚したくない人は事実婚でもいいと思う。

 

でも、世の中のビジネスマンや起業家がいかにしてリスクを避けていくのかに対してものすごく敏感なのに

 

結婚というものに対してリスクを考えていない人があまりに多いのではないか。

 

だからこそ思う、知ってから結婚しよね。っと。

 

結婚とは株式投資と一緒なのである。

 

そして、

 

愛し合うことに

契約書なんていらないんだ。

 

結婚とはお金の契約なのだから

追記

この本が発売された当初は、いろいろな所で話題になった。この本を読んだ人が「結婚なんてするもんじゃない」「時代は事実婚だ」などと言っている人も中にはいた。確かに、アメリカでは事実婚の割合が4割くらいいるし、そういった国もあるのは事実だ。日本だって江戸時代までは、一夫多妻制だった。それが明治時代になり一夫一妻制になった。そして今日の一夫一妻制の制度がまた徐々に変わろうとしてきているのかもしれないが、一つだけ言えることがある。それは「結婚してる人の中でも、幸せな人はたくさんいる」という事実だ。

 

★Twitterはこちら

読者登録はこちら