熱意や野望があればどうにでもなる

スポンサーリンク

最近、noteを書き始めました。このはてなブログでは好き勝手に書いているんですが、noteの方はクオリティーを上げたものをなるべく投稿したいと思っているのでブログと使い分けています。

 

それよりも最近思うことがありまして、「なぜ人は行動する人としない人がいるのか?」というのをずっと考えていました。そして最近、自分の中で答えが見つかったのですが、「対象のモノゴトに対して熱量を持っている人ほど行動している」という結論です。

 

 

熱意があるから行動できるし、行動できるから習慣化できる。習慣化できるからモチベーションという概念がなくなるし、モチベーションという概念がなくなったらロボットのように淡々と楽しくモノゴトを行える。

 

これに尽きると思います。要はハマれるかどうかです。

自分がお腹が空いた状態で目の前にラーメンがあったら他のことを考えずに飛びつくのと同じで、やりたいことがあったりハマっていることがあれば他のことを考えずに飛びつくはずです。

だから、自分はなぜ行動できないんだろう?と迷っている暇があったら熱意を持って取り組めるモノゴトを見つけるまでいろんなことに手を出してみるのがよいと思います。

僕もインターネットの世界が大好きでプログラマーになったわけですから。