人間は他の人のためにお金を使うと幸福度があがることに気づいた

スポンサーリンク


最近、他人のためにお金を使うことって実はとても幸せなことなんじゃないかと思っています。これは、幸福度の話になってくるのですが自分のためにお金を使うより他人のためにお金を使う方が、実は幸福度が高いんじゃないかという僕なりの答えです。

彼女のためや、仲の良い友達のためにお金を使うことって別にそんなに嫌なことではありませんよね。例えばですが、会社や学校の友人がお土産をくれたりすることがありますよね。お土産を渡すということはいわゆる他人のために何かをしてあげていると言う状態なのですが、実は自分のためだけにお土産を買うより誰か他の人のためにお土産を買った方が実は幸せだなぁと感じる回数が多いのです。実際にそういうデータも出ています。

それは、「ハーバード流 幸せになる技術」という本に書かれてあります。アメリカのハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・J・ノートン氏が行った研究です。

 

カナダのバンクーバーで通行人に買い物の指示書と5ドルまたは20ドルの入った封筒を配り、そのお金の使い方によって、人々の幸福感がどのように変化するかを調べる実験でした。封筒の中の指示書は2種類ありました。ひとつは、その日の5時までに自分へのギフトを買うか、自分のための支出をするように指示するもの、もうひとつは、同じ時刻までに他人へのギフトを買うか、チャリティに寄付することを指示するものでした。

その結果、幸せへの影響は5ドルでも20ドルでも同じ、つまり金額による差はありませんでしたが、使いみちとしては自分のためではなく他人のためにお金を使った人たちのほうが、より幸せになっていたのです。

 

日本にはお土産を渡し合う文化と言うのもありますが、実はそれって幸福度が高いことをお互いがお互いのために行っているということだったのです。「お土産とか差し入れとかどうせお返ししなきゃいけないんだから嫌な文化だ」そう僕も思っていました。ですが、実は他人のために何かをする行為は幸福度が高いというデータがそこには隠れていたのです。

別にお金を使わなくても誰かのために何かをすることで幸福を感じることもあるだろうし、他人から「ありがとう」という言葉をかけられるだけで幸せになる。という原理と同じだと思います。

最近で言えば、彼女のためにモンスターズインクの「マイクワゾウスキ」をゲームセンターのクレーンゲームで3体ゲットしました。それをクリスマスプレゼントの1部にしようかと思っているのですが、やっぱりそこでも「なんか幸せだなぁ〜」と感じることが多く、心が満たされた感じがします。この幸福感は、自分のためにクレーンゲームで「マイクワゾウスキ」を3体ゲットした時よりも圧倒的に幸福度は高い、そう感じるのです。

 身近なところで実は幸せなことがたくさん起きているんだなと、感じました。

クレーンゲームでゲットしたぬいぐるみなど

f:id:andrewdaily:20171209195921p:plain

f:id:andrewdaily:20171209200446p:plain

f:id:andrewdaily:20171209195924p:plain

読者登録はこちら

Twitterはこちら