ブログは「自分の分身」だと思って運営した方が良いのではないだろうか?

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20171006192133p:plain

ブログは「自分の分身」だと思って運営した方が良いのではないだろうか?

最近、そう考えるようになりました。

今の時代、ブログやアフィリエイトの収入だけで食べてる人はたくさんいます。もちろん、それはそれで素晴らしいことだなと思っています。誰もがうらやむような月収100万円や200万円を稼いでいる人がいるんですから本当にすごいことだなと思います。

ですが、クロネさんが書いているこの記事のように本業を持った上で、サブとして運営した方が良いのではないかと、僕も感じているのです。

fukugyo-senryaku.com

 

 

自分の価値を高めるためにブログを使おう

f:id:andrewdaily:20171006194721p:plain

 僕は、プロブロガーみたいな仕事は自分には、割に合わないかなと思っています。別にプロブロガーを否定をするわけではないのですが、「書くことが目的になっているな」と感じるからです。

書くことが目的になるのって、めちゃくちゃつらくないですか?

もし、「書くことが目的になっていたら」めちゃくちゃ辛いと思いますし、本来何か目的があってそのためにブログを使って自分の価値を最大限に高めていけるように頑張れば良いと思っているのです。

本業で実績を出そう

ブログは自分のことを世の中に広めてくれる素晴らしいツールです。そのツールをうまく使い、自分の考えを世の中に広めていくべきだと思っています。

ですが、自分が実績を残してからでないと、世の中の人は納得してくれませんし、ましてや動いてくれません。

「何を言うのか?」ではなく「誰が言うのか?」なのです。

上記のツイートのように、本業で頑張って実績を出し、そこでの経験や感じたことなどをブログを通して伝えていけば、何も実績がなくブログをやっている方よりも圧倒的に信頼や影響力が付いてくるのではないでしょうか?

よくニュースサイトなどを見ていると、20代に仕事を頑張った人は、30代以降は複利で仕事ができる。と書かれた記事をよく見ます。

複利で仕事ができるとはどういうことか?

それは、投資で言う元本のことなのです。

自分という元本(給料)を上げ、その上で投資をした方が、その分複利が効いて見返りが大きいですよね。 

それと一緒で、本業よりもブログに力を入れるのではなく、ブログより本業に力を入れ、そこで得た実績や経験などをブログで発信していけば、あっという間に複利が効いて、情報やお金、人などの見返りが大きくなると思っているのです。

だって人って実績がある人の言うことを頼りにする生き物だからです。

なので、まずは実績を出し給料をあげた方が賢明だと思っています。

仕事をしながら書けばいい

仕事が終わった後などの時間を使って、まずは書いてみることが大事だと思っています。

hitode-festival-extra.com

ヒトデさんのこの記事にも共通してくるのですが、自分が持っている知識が他の誰かに役立つことってあると思うんです。

それがいつの間にか、誰かの役に立ち、お返しとしてお金がもらえるようになることだってあるかもしれないのです。

それってラッキーですよね?

だってその知識は自分が身につけた知識なのですから。

要は、「運も実力のうち」という言葉は、知識の差でもあるのです。

 

★Twitterはこちら

読者登録はこちら