ブログの方向性について

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20170728225213j:plain

こんにちはアンドリュー(@andrew_02124)です。最近、知識がないことって辛くて悔しいことだなと感じています。知識がある同期や先輩が羨ましく、1人で勝手に悔しい思いをしています。

知識がなければ知恵が浮かばないし、何より先に進めません。まあでも、知識をつける方法は実は自分の中で分かっていて、ひたすら時間をかけて勉強していくしか方法はないなと思っています。 

いろんな知識があればSNSやブログにアウトプットできるし、アウトプットすることによって自分の経験が血肉になったりと、得することが多いでしょう。今回はブログの方向性について書いていこうと思っているのですが、今回自分が最初に書いた「悔しい」って言葉の通り、感情をむき出しにした文章も面白いと思うのでやっぱり経験って大事だなと感じている所です。

 

 

ブログはビジネスになりうるのか

そもそもまず、なんで僕はブログを始めたのかというと日々の経験をアウトプットするために始めました。文章を書くことは対しては元々は好きではなかったのですが、ブログを書いていく内にだんだんと好きになっていきました。ですがまだ16記事くらいしか書いていませんし、正直な所これからこのブログがどうなっていくのか自分にもわかりません。なので、とりあえずまずは100記事を書くまではひたすら記事を増やすことに注力していこうかなと思っています。

そうしていけば今後の方向性も見えてくると思っています。もちろんビジネスにもなりうると思いますし、うまくいけば本格的な事業になっている可能性だってあります。もちろん、そんなに甘くないことだっていうのは分かってはいますし、ユーザーが求めているのは何か?を常に考えてブログを書いていかなければと思っています。

ブログは自分を表現する場所

こうやって日々の経験や自分の考えをブログに書いているのですからブログを通して世の中に自分を表現しているということになります。表現しているということは、人によって色が違うということでしょうからやはり日々の体験や経験がその人を表現する1番重要な項目になってくるのではないかと思っています。

僕が最初に「悔しい」って書いたような感情的な文章って以外と世の中の人に受け入れられたり、読んでいて楽しいな〜と感じたりもします。なんかその人から滲み出ているような文章って感じがするので、僕自身楽しく読ませていただいております。

最後に

僕自身、ブログの理想型としてはLIGみたいな媒体にできればいいなと思っています。プロブロガーみたいに個人を売り出すというより、みんなが憧れるあの雑誌みたいにその媒体そのものを評価されたいな〜と思っています。

もちろん個人を売り出すことも素晴らしいとは思いますが、それだとマネタイズの限界があるじゃないかなと思いますし規模が小さくなってしまうんじゃないかと思います。まあでもまだまだ16記事しか書いていないですしまずは100記事を目指してユーザーの求めていることをこれから意識して書いていきたいなと思います。