「努力」という言葉があまり好きではない

スポンサーリンク

努力画像

僕は、「努力」「頑張る」「やる気がある」と言う言葉があまり好きではありません。こういった言葉と言うのは、相手の受け手が感じるような言葉であると僕は思っています。なので決して自分で言うような言葉ではないと思っています。

「努力」や「頑張る」や「やる気がある」という言葉は、無意識で純粋なものであると思っています。例えば、小学生が純粋にドラクエを楽しんでいるその姿は決して努力しているということではありませんよね。無意識で純粋に目の前の物事を楽しんでいる結果が周りの人にとって「努力」や「頑張っているな〜」と受け止められると思っているのです。

なので自分で「努力している」と言っている人だったり「頑張っている」といっている人は、何か下心があるのではないかと僕は思ってしまうのです。そもそも自分で言う言葉ではないし全ては周りに委ねられていると思っています。

自分も「アンドリューやる気あるな!」と言われる時がありますが、決して僕がやる気があるのではなく純粋に目の前にある物事を楽しんで行っているからこそ相手にそういうように感じてもらえたのではないかと、そう思っているのです。

 

▼読者登録はこちら

読者登録はこちら

Twitterはこちら