継続を習慣化できる人は「行動を仕組み化」するという思想を持っている

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20171002192710j:plain


なぜ、世の中には継続できる人と継続できない人たちがいるのか?僕はこれに関して、ずっと疑問に思っていました。「成功している人は継続している」「好きなことに没頭していたら、自然と継続してた」みたいな世間の声が最近、多く聞こえます。

 

確かに成功している人は継続しているだろうし、行動量が多いです。

確かに好きなことに没頭している人はであれば、自然と継続するし、行動量も多くなります。

 

確かに言っていることは分かるのですが、なぜか自分の中でしっくりこないでずっとモヤモヤしていました。

 

 

感情に左右されないこと

僕はIT企業でプログラマーとして働きながら、空いた時間に開発などのプログラミングに関する勉強をしています。今現在もプログラミングの勉強は継続して毎日行っているのですが、今思うとプログラミングを始めたのは約1年前です。  

 

良く1年も継続できたな〜と思われるかもしれないですが、今改めて振り返ってみると、感情に左右されずに淡々と行ってきたことが、継続できた大きな要素だと気付きました。

 

 淡々と行っていれば、感情に左右されずに行動できるのですが、やはり人間ですからテンションが高い時もあれば、低い時もあるので、以外と淡々と行うことって難しいのです。

 

楽しいことの中にも辛く、苦しいことは、たくさんあります。それを乗り越えられるかどうか、それを乗り越えたからこそ継続でき、後に大きな成果が生まれるのかなと感じているので、テンションが低い時こそロボットのように、淡々とやるべきことに感情を入れずに行うことが大事なのです。

 

そもそも、感情で仕事をするべきではないと思ってますし、常に冷静さを保て、自分の今の現状を常に把握し、その上で物事を考えることができたら素晴らしいですね。

 

 

行動を仕組み化すること

 じゃあ、淡々と行うにはどうしたら良いのかというと、行動を仕組み化してあげることが大事になってきます。「淡々と行う」状態を自分の中で作ってあげることが大事で、一回その状態を作ってしまえば後はやるべきことに集中できます。

 

例えば、月に本を3冊読むことを目標にしている人がいるとします。3冊読むためには、電車に乗ってる時間、寝る前などの隙間時間を使う人が多いでしょう。

 

しかし、その隙間時間にはたくさんの誘惑があります。そう、ツイッターなどのSNSゲームです。ここで出てくるのは、本を読むか、SNSやゲームをやる。という選択肢です。ここでゲームやSNSを選んでしまうと、到底、月3冊読む目標は達成できません。ではどうしたら良いのかと言うと、SNSとゲームを削除してしまう、もしくは、見えない所に移すことで自分の行動を仕組み化してあげるのです。目の前に唐揚げがあると食べたくなるのと同じで、目の前にSNSやゲームがあると触わりたくなる気持ちを、はじめからなくしてあげることが大事なのです。

 

いわゆる、誘惑になるものを、全部視界からなくしてしまうのです。

 

毎日の目標を持つこと

毎月の目標を持つこと以外に毎日の目標を持つと良いと思います。例えば、先ほどの例を取ってあげてみると、月3冊なのでそれを日に換算すると1日30ページ。1日1日の目標を持つことによって自分の行動を仕組み化し、目的に対して常に目標を達成しようとするその気持ちが毎日の目標を持つことの大きな意味ではないでしょうか。

 

毎日の目標に対して、どれくらいの時間があれば達成できるのかを把握し、その時間を確保するためにいかにして自分の行動を仕組み化するというのが大事になってくるのではないかと思っています。

★Twitterはこちら

読者登録はこちら