運動をすると体調が良くなり仕事のパフォーマンスも上がる

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20171104200755p:plain

先日ですが、会社のサークルみたいな集まりでフットサルをしてきました。東京のベンチャー企業が集まるフットサルの対戦でして、合計6試合戦いました。

ガチで運動するのが1年半ぶりだったので、正直めちゃくちゃ疲れました。普段から運動不足なので、体に負担がかかりすぐに息切れをしていましたが、それと同時にものすごく気持ちがスッキリしました。

普段の仕事+運動不足で何かしらの老廃物が体から抜けていったような感覚に陥りました。そして、体から普段の溜まっていたストレスが抜けていき、すこぶる体調が良くなっていきました。

体調が良くなると、仕事にも集中できていいことづくしです。

運動する→スッキリする→体調が良くなる→仕事に集中できる→運動する→スッキリする

という良いスパイラルになってきたらこっちのものですね。

普段から運動する機会がないと、なかなか運動しようという気持ちにはなれませんが、普段会社で働いているビジネスマンにとってたまに行う運動はオススメだと思っています。

特に座り仕事の人は運動をすることによって体調がさらに良くなり、仕事に集中できるのでかなりオススメです。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ

オススメ記事N予備校はプログラミング未経験者にとって最高の教材だ。

読者登録はこちら

★Twitterはこちら