住宅ローンはうまく使えば良い借金になり「利益」を生み出すことができる

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20171023194537p:plain

最近、こんなツイートを見かけました。 

これはいわゆる、住宅ローンをうまく使って家を建て利益を上げる方法が記事として書かれています。この記事を見た瞬間、「なるほどな〜」と自分の中でとても腑に落ちました。

なぜなら僕は住宅ローンに対して良いイメージを持っていなかったからです。「30年も同じところに住むとかリスク高すぎる」「住宅ローン組んだ瞬間、社畜になる」など、正直ネガティブなイメージを持っていました。

しかし、上の記事を見て住宅ローンについて調べてみると自分のお金に対する知識の不足であることが、住宅ローンに対して良くないイメージを持っていた原因だと分かりました。

 

 

利益を生み出すことができる

f:id:andrewdaily:20171023194332p:plain

実は、住宅ローンという他人のお金を使いそれをうまく資産運用すればローンとして借りる金利(住宅ローンの金利は約1%)を取り返すだけでなく、利益も生み出すことが可能なのです。

例えば、1000万円の現金が手元にあり3000万円の家を購入しようとします。普通は、1000万円の家を手元にある現金で頭金を払い購入すると思いますが、あえて住宅ローンを組みそのお金で家を買い、残った手元の現金でインデックス投資でもすれば金利以上の利益を生み出すことが可能になり、結果的に得をするということです。

  1. 他人のお金で家を買う(住宅ローン)
  2. 自分のお金で資産運用
  3. 資産運用で金利以上の利益を生み出す

 

  1. 3000万円を借りて家を買う(住宅ローン)
  2. 手元にある1000万円でインデックス投資をする
  3. 利益を生み出す

 

シミュレーションで計算すると、今の世の中の住宅ローンの金利は1%と言われているので、3000万円を10年借りていたら利子が約150万円。

f:id:andrewdaily:20171024192616p:plain

そして、手元にある1000万円を10年間、運用すると利益が約290万円になります。

f:id:andrewdaily:20171024193620p:plain

290万円ー150万円=140万円

結果的に140万円の金額を稼ぐことができるという計算です。利益は出る可能性はありますが手元に現金がないと意味がないので、まずは現金を貯めたほうが賢明ですね。

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事「損する結婚・儲かる離婚」という本は、正直、女性に読んでほしくない

Twitterはこちら

読者登録はこちら