会社で出世をするためには何が必要なのか?

スポンサーリンク

 f:id:andrewdaily:20171028115927p:plain

会社で実績を出している人や出世している人は一体どういう人なのか?というのを最近考えています。それと同時に、会社で実績を出すにはどうすれば良いのか?ということも考えています。

正直、結論から言うと「全く分からない」です。

ですが日々仕事をしていく中で気づいたことが何個かありました。

 

 

脱落していく人が多いので、いかに生き残るか

f:id:andrewdaily:20171028133131p:plain

僕はいま、IT業界でエンジニアとして働いています。一応、未経験も受け入れている会社なので未経験の方も入ってきます。ですが、先日未経験で入られた先輩が会社をやめるというお話を聞きました。

辞めた理由を聞くと「やりたいことと、違った、、、」というお話でした。その話を聞いた瞬間、なんだか違和感を感じました。なぜなら、20代で「やりたいことはすぐに見つからない」と僕は思っているからです。

「やりたいことが見つからない」という理由で転職ばかり繰り返していては、誰もそういう人を欲しがらないし、給料は上がらないし、良い環境で働くことが難しくなってしまうからです。

 

転職自体は良いことなのですが、あまりにも短すぎる期間でそれを繰り返すのは、返って逆に自分を苦しめてしまう可能性を高めてしまうからです。転職をたくさん繰り返して成功している人も中には存在しますが、その可能性は極めて低いでしょう。

なので転職が当たり前になってきている世の中では、目的や目標、自分のなりたい姿から逆算して行動していったほうが良いかと思われます。なので、自分の転職市場の価値を知るためにも普段から転職エージェントにいって自分の市場価値を確認しておいたほうが良いでしょう。

 

当たり前のことを当たり前にやっている人は出世する

f:id:andrewdaily:20171028133144p:plain

これはかなり痛感していることですが、実績を出している人や出世している人は当たり前のことを当たり前にこなしている人が多いです。逆に言うと、当たり前のことをこなしているだけで成功できるという捉え方ができます。

要は、当たり前のことができていない人が多いということです。 

サッカーで有名な本田圭佑もこんなことを言っていました。

 やっぱり世界で活躍している人が言うと説得力が高いな〜と感じていますが、本田圭佑がいうのなら間違いないですね。それだけ、当たり前のことがいかに大事かというのが思い知らされます。

言葉の使い方もビジネスマンとして当たり前の中の一つですよね。

本田選手も言っているように、努力を継続するには目的を持つことが重要だと僕も思っています。自分が世の中で何をしたのか、出世したいのか、稼ぎたいのか、などいろいろあると思いますがしっかりとした自分の芯を持っていれば、目的を見失うことはないと思っています。そして、いかに努力を継続ができるのかに焦点を当ててやっていけばいつか自分の実が実ると思っています。
僕も自分の中では一つの芯を持ってるのでそれに向けて泥臭く頑張っていきたいと思っています。