仕事が辛くなった時、僕は「HIPHOPの反骨精神」を思い出す

スポンサーリンク

f:id:andrewdaily:20171003223601j:plain

僕はHIPHOPが大好きです。もっというとあの「HIPHOPの反骨精神」が僕の原動力になっています。

世間一般的に、HIPHOPは印象があまり良くなく「怖い」「言葉が悪い」などのイメージが浸透しており、日本でもあまりHIPHOPが台頭する場面は多くありません。

確かにHIPHOPは黒人生まれのカルチャーなので、そういったイメージを持つのはしかたがないのかなと思います。

ですが、実際にはみんな仲が良く、心からダンスや音楽やアートを純粋に楽しんでいる人たちばかりです。

HIPHOPはとても抽象的で、言葉に表すのはなかなか難しいところがありますが、HIPHOP界隈に一時期関わっていたのでそれは間違いありません。

サイバーエージェントの藤田晋社長もHIPHOP好きで有名ですよね。

college.nikkei.co.jp

 

音楽を聞くと元気が出る

元々僕は大学の時からダンスを始め、そこから音楽を聞けば体が勝手に踊りたくなるほど夢中になり、のめり込んでいました。

仕事で辛い時、よくHIPHOPを聞いて元気を出しています。いわゆる、「とある音楽を聞くと失恋した時を思い出す。」みたいなものと同じ現象なのかもしれません。ヒップホップを聞くと体が思い出すのです。

 

ヒップホップは1970年代初頭に、ニューヨークのサウス・ブロンクス地区で生まれた。その地域には、貧困でドラッグにおぼれる人や、ストリート・ギャングが多い地区であり、古いボロボロの建物が並ぶ町だ。

1970年代当時、世間ではディスコが大ブームだった。だが、貧困なアフリカ系アメリカ人の若者達は、ディスコに遊びに行くお金がない。そこで、彼らは公園に集まりパーティーをするようになる。

家から運んできたターン・テーブル(レコード・プレーヤー)を、外灯のコンセントに差込み、DJがレコードを回すなかでダンサーが踊り、グラフティー・アーティストは建物や列車に絵を描き、MCはラップを披露した。

パーティーは、ブロック・パーティーと呼ばれ、貧困な若者達は、お金のかからない公園で遊んだ。ヒップホップのオールドスクールの始まりである。

世の中、人が集まるところには、リーダーやカリスマが存在するものだ。もちろん、これらのパーティーのなかでも、3人のカリスマDJが存在した。若者達は、彼らが出現するブロック・パーティーに足を運ぶようになる。

その3人とは、クール・ハーク、アフリカ・バンバータ、グランド・マスター・フラッシュの伝説のDJ達だ。この3人は、ヒップホップの歴史では、元祖と称されている。

もともと、黒人生まれの文化であるのだが、世の中で良い暮らしをしている人たちに負けないように反骨心を持ちながら生まれた文化であるため、ラップなどの歌詞も大げさになっているのは、そういった発祥が大きな影響となっている。

元気になれるものを持てて良かった

仕事で疲れた時、元気の出し方は人それぞれだと思います。人によっては「知らない」っていう人もいるかもしれませんが、何より「一生死ぬまで自分が没頭し続けるもの」を見つけられて良かったな〜と心の底から思います。

もちろん、お金を稼ぐビジネスというゲームも大好きなのですが、それ以外の趣味に対象を変えた時、自信を持って「僕の趣味はヒップホップです」と言えることができます。

みなさんも是非、HIPHOPを聞いてみてください。

▼関連記事

元ダンサーが90年代のオススメのHIPHOPを教える【随時更新】 

【R&B・90年代】テンションを上げるオススメの1曲

 

★Twitterはこちら

読者登録はこちら